貧乏でもオサレです。

貧乏でもオサレです。

私は貧乏でもオサレです。それは買えない服は工夫して作っているからです。
服の原価は実はすごく安いのでブランドのファッション誌に載っているような阿呆みたいに高い洋服は
不要なんです。パリコレに出てくるファッションはオシャレというよりも政治力で勝ち上がったところも
あります。そんな感じです。

 

そして私は貧乏です。でもひがんでいません。私のほうが彼ら金持ちセレブと呼ばれている奴らより
何百倍もオシャレなんです。数字にすると39倍くらいではないでしょうか?

 

そのセレブたちのファッション誌はサーフとかレオンとか色々ありますが、
ドレを見てもセンスがなっていませんねね。着こなしが最悪でなんの斬新さも工夫もありません。
私が代わりに編集してあげれば売上は144倍くらいに上がってしまうでしょう。

 

しかし私はボランティなどまっぴらゴメンなのでそれなりの報酬を提示されない限り
一切強力をすることは無いので私にオファーをしても無駄でしょうね。

 

世の中甘くないんです。それはオサレの世界でも同じです。ファッションは自己満足だけではなく、
他人の目も楽しませなければなりません。金の力に物を言わせて相手をねじ伏せるような
ファッションは私は認めることが出来ません。

 

でももし、本気で私の貧乏ファッションを学びたいのであれば、どの出版社さんでもオファーしてもらえれば
考えてあげても良いですね。しかし最低コンサル料は1時間100万円です。
売上が233倍になるのであれば安いものでしょう。ほとんどボランティアの領域ですね。